SCHOLE INC. | AKIRA KOSEMURAMOMENTARY : Memories of the Beginning
25448
post-template-default,single,single-post,postid-25448,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1,vc_responsive

AKIRA KOSEMURA
MOMENTARY : Memories of the Beginning

アニマ・アニムスにみられるような、人間の根源的且つ無意識化において繋がっている理想像への憧れ。
それをある種の運命的、宿命的な男女の出会いとして捉え、二人の生命の瞬きを音楽として昇華させた、

小瀬村晶、五年振りとなる六作目のオリジナルアルバム。

SCH-046

AKIRA KOSEMURA
MOMENTARY : Memories of the Beginning

特製スリーブケース仕様
CD+DVD+ブックレット&ライナーノーツ

¥3.200(tax out)

Buy CD+DVDiTunes Store

小瀬村晶、五年振りとなる六作目のオリジナルアルバムを発表します。

アニマ・アニムスにみられるような、人間の根源的且つ無意識化において繋がっている理想像への憧れ。
五年の歳月を掛けて小瀬村晶が挑んだのは、自身の心の奥底に漠然と抱き続けてきた“はじまりの記憶”、それをある種の運命的、宿命的な男女の出会いとして捉え、“生命の瞬き”として音楽に昇華させるファンタジー作品の創出でした。

ストーリーを導くようにして書き下ろされたいくつかの歌曲を軸に、ピアノを主体とした様々な編成・編曲を用いて連鎖的に描かれていく本作は、音楽によるまったく新しいファンタジー戯曲を提示するかのように続いていきます。

ストーリーテラーとして、やなぎなぎ、デヴェンドラ・バンハート、nikiie、lasah、shaylee といった、他に類を見ないほど多岐に渡るゲストボーカリスト陣を招き、これまでになく意欲的で挑戦的な作品を作り上げながらも、一貫して奏でられているのは、徹底的に研ぎ澄まされた美意識による特有の世界観であり、導かれるように誘われ、瞬くようにして輝きを放つ、美しい予感に満ち溢れた瑞々しい感動に包まれる傑作がここに誕生しました。

ゲストボーカル : やなぎなぎ、デヴェンドラ・バンハート、nikiie、lasah、Shaylee

2016年6月6日発売

特典情報

SCHOLE SHOP

2016年5月6日に行われた「Akira Kosemura Piano Trio Concert」のライブ映像 DVD をプレゼント。

小瀬村晶のピアノトリオによる演奏に加え、舞台装飾、照明、映像演出が加わったコンサートの臨場感を十分に味わう事のできる内容となっております。

 

Akira Kosemura Piano Trio Concert 050616 (DVD)

1. Purple
2. Gray
3. Larmes
4. Momentary
5. For
6. Precious
7. Recall
8. Truth
9. Implore
10. Embers
11. Lete
12. Light dance
13. Imagery

Tower Records

Dr. Gibson / Akira Kosemura (CD)をプレゼント。

本作は、幹細胞を用いたアルツハイマー医療研究に対する人々の関心を高めることを目的としてアメリカで製作された“Dr.Gibson”という短編映画作品のためのサウンドトラックとなっております。未発表音源になります。

 

Dr.Gibson: Original Motion Picture Soundtrack

1. Opening Credit
2. Lab [Happy]
3. Richard’s Theme
4. Park
5. Lab [Sad]
6. David’s Theme
7. Park Ⅱ
8. Photo Album
9. Dr.Gibson

HMV

Momentary ジャケットイメージ が印刷された栞をプレゼント。

 

雨と休日

Momentary 特製マグネットをプレゼント。

 

 

Akira Kosemura × Tower Records 旧譜キャンペーン

タワーレコードにて対象の小瀬村晶の旧譜をご購入の方へ、Momentary 特製ポストカードをプレゼント。

※対象商品の在庫がお店に無い場合、お取り寄せとなります。そちらにも特製ポストカードをお付け致しますが、キャンペーンは特典の在庫が無くなり次第、終了となります。あらかじめご了承ください。

MUSIC LIST

01. Starry Night

(music  akira kosemura)

 

02. はじまりの記憶 feat.やなぎなぎ
(music, lyrics  akira kosemura)

 

03. Awakening
(music  akira kosemura)

 

04. South Wind feat.nikiie
(music  akira kosemura  lyrics  nikiie)

 

05. Momentary
(music  akira kosemura)

 

06. Precious
(music  akira kosemura)

 

07. Blue
(music  akira kosemura)

 

08. 虹の彼方 feat.lasah
(music, lyrics  akira kosemura)

09. Prelude
(music  akira kosemura)

 

10. Promise with You feat.Shaylee
(music  akira kosemura  lyrics  shaylee)

 

11. The Door feat.nikiie
(music  akira kosemura  lyrics  nikiie)

 

12. Farewell
(music  akira kosemura)

 

13. Someday feat.デヴェンドラ・バンハート
(music  akira kosemura  lyrics  nikiie)

 

14. A Map
(music  akira kosemura  lyrics  nikiie)

 

15. Imagery
(music  akira kosemura)

 

*試聴音源が表示されない場合は、ページを再読み込みして下さい。

MUSIC VIDEO
TEASER

DVD収録楽曲

01. South Wind (dir. yugo chiba)
02. Momentary (dir. kimihiko nitta)
03. 虹の彼方 (dir. yuma saito)
04. Farewell (dir. shin kikuchi)
05. Someday (dir. kimihiko nitta)

小瀬村晶 AKIRA KOSEMURA

85年生まれ、東京出身の作曲家・音楽プロデューサー。
07年「It’s On Everything」でデビュー。同年、音楽レーベル「SCHOLE」を設立。
自身の演奏によるピアノを主体とした様々なスタイルの音楽作品を発表する傍ら、映画や舞台、CMの音楽なども手掛けるアーティスト。
壮絶な恋愛劇であるコンテンポラリーバレエ公演「MANON」(12)では、運命に翻弄される男女の人生に呼応するように美しくも儚い楽曲を、また、柳楽優弥が主演した劇場映画「最後の命」(14)では、かすかな希望と救いを感じさせるような、静けさのなかにも熱を帯びた胸を打つ楽曲を作り上げ、好評を博した。
15年には、ミラノ万博(ミラノ国際博覧会)日本館展示作品、au 三太郎 TV-CMといった話題の作品の音楽を手掛け、フラワーアーティストの篠崎恵美(edenworks)、写真家の新田君彦と共に制作した複合的アート作品「For」では、代官山蔦屋書店を始め、全国各地で巡回展を開催するなど、特定の分野に限定されることなく、自身の音楽の可能性を拡張し続けている。
近年では、IKEA、NIKON、KINFOLK、RADOといった国際企業とのコラボレーションも多く、米国最重要音楽メディア「Pitchfork」、豪州最大規模の発行部数を誇る新聞紙「THE AGE」にてその才能を賞賛されるなど、国内外に活躍の場を広げている。

GUEST VOCALIST

やなぎなぎ (yanaginagi)

5月31日生まれ。関西出身 2006年から音楽活動をするアーティスト/ボーカリスト。
ふとした日常やノスタルジックな風景、童話のような情景を描く音づくりを目指している。
2009年、supercellからオファーを受け、「nagi」名義でゲストボーカルを担当。2011年、「麻枝 准×やなぎなぎ」コラボレーションプロジェクトが始動。2012年2月29日、TVアニメ「あの夏で待ってる」EDテーマ「ビードロ模様」でメジャーソロデビューを果たし、現在までに12枚のシングル、2枚のアルバムを発売している。2013年7月3日に発売した1stアルバム「エウアル」はオリコンウィークリー4位を記録した。2016年4月20日には待望の3rdアルバム「Follow My Tracks」を発売。
数々の楽曲の発売に加え、全国ツアーや企画ライブなどの活動も精力的に行っている。一度聴いたら忘れられない繊細な声質と、印象的な楽曲の世界観が支持され、活躍の場を広げている。

デヴェンドラ・バンハート (Devendra Banhart)

アメリカ、テキサス州ヒューストン生まれの男性シンガー・ソングライター。
12歳から作曲を始め、世界各国を転々とする。2002年に1stアルバム「Oh Me Oh My…」をリリースし、伝統的なサウンドの中にも独自の美学を包括したオルタナティブ・フォークが好評を博す。日本では、2006年にサマーソニックビーチステージのトリ前に出演し、圧巻のパフォーマンスを披露した。
また、シャネルのモデルを務める等、ファッション・カルチャーシーンでの活動でも注目を集めている。ベックとの交友関係も有名で、2007年にリリースされた『Smokey Rolls Down Thunder Canyon』には、クリス・ロビンソン(ブラック・クロウズ)、ニック・ヴァレンジ(ザ・ストロークス)、ヴァシュティ・バニヤン、リンダ・バーハックス、さらには俳優のガエル・ガルシア・ベルナルが参加していたことも話題になった。「Carmensita」のMVでは女優のナタリー・ポートマンと共演している。

nikiie (二キー)

3歳の時にピアノを習いたいと両親に懇願し、4歳でピアノ教室へ。周りと馴染めない混沌とした日々の中、ピアノと音楽に癒され育つ。
自己表現として、16歳の夏に作詞・作曲、バンド活動を始め、17歳からソロ活動を開始。オーストラリアホームステイ時の経験がその後の音楽活動に影響を与える。高校卒業後茨城から上京し、ライヴを中心に都内で活動。
2010年12月1日、シングル「春夏秋冬」でデビュー。同曲は12月度FMパワープレイを42局獲得、歴代女性アーティストとしての史上最多獲得記録を更新した。2011年、iTunes Store「Japan Sound of 2011」で10組のピックアップアーティストのうちの1組に選出。
現在は自身の活動だけでなくTVドラマの劇伴での歌唱や、クリエイティブ・ユニット「(K)NoW_NAME」にボーカリストとして参加するなど活動の場を広げている。

lasah (ラサ)

兵庫県神戸市生まれ。
両親の仕事の都合で、生後 3 ヶ月でアメリカ合衆国カリフォルニア州へ。 海沿いの街で 18 歳まで過ごす。 幼少の頃は、青い海と青い空に囲まれながら多くの文学作品に触れ、 祖父から送られる日本のゲームやアニメ、漫画にも影響を受けて育つ。 中学・高校は厳格なクリスチャン系の学校に唯一の日本人として通い、 礼拝で賛美歌を歌う経験を通じて、自らの歌唱で表現することに興味を持つようになる。
その後、日本の大学進学を機に帰国。勉強の合間に、ニコニコ動画に VOCALOID 楽曲の歌唱カバーを投稿し始め、 ニコニコインディーズ曲「ニルギリ」で歌唱を担当し、一躍注目を集めるようになる。
2013 年に SF 文学を題材としたファーストアルバム『INNOCENCE』をリリース。 完全自主制作ながら大きな反響を呼び、2014 年には日本近代文学が描いた様々な「愛」を音像化することをテーマとしたセカンドアルバム『“ I LOVE YOU,“』をリリースした。 他アーティストの作品におけるゲストボー カルや作詞も精力的に行っている。

Shaylee (シェイリー)

5歳から13歳までピアノを習い、6歳から作曲を始める。
長崎から上京後、2009年に女性メジャーアーティストに楽曲を提供。2年間様々なジャンルのボイストレーニングを受けた末、2012年より、ヒーリングシンガーソングライターとして活動を始め、約2年半、東北被災地に通い、現地の応援活動に力を入れた。
オリジナル曲の他、賛美歌や童謡、ヨーロッパ民謡を主なレパートリーとし、2015年現代ギター社企画による『Traditional Songs』でCDデビュー。清らかで透明感あるヒーリングヴォイスとして、セラピー業界などからも賞賛の声を浴び、実際にShayleeの歌が病院や施設などでヘビーローテーションされている。

MOMENTARY : Memories of the Beginning

all music composed, arranged & produced by akira kosemura

guitar muneki takasaka
contrabass yasutaka okada
percussions izumi misawa
drums shota mizuguchi
violin mika shirasawa
violin mari asai
viola madoka kurii
violoncello haruka hitomi
violoncello maiko satoh
vocal, piano, keyboards, sound programming  akira kosemura

piano sessions recorded at pastoral sound in january 25th, 2016
m1, m10 recorded at lilis in january 22nd, 2014
m13 recorded at home in september 6th, 2015
strings sessions recorded at pastoral sound in october 1st, 2015, january 25th, 2016
vocal session recorded at pastoral sound in january 26th, february 12th, march 30th, 31st, 2016
recording, mixing, mastering engineer  hiroshi iguchi
studio coordination  keigo sonoda
sales promotion  kazumitsu yoshida
liner notes  hitoshi kurimoto
art direction, artwork, photo, design, DVD authoring, website  shin kikuchi
production management  schole inc.