SCHOLE INC. | BRIGHT DAYS AHEAD
22685
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-22685,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.8.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.3,vc_responsive

BRIGHT DAYS AHEAD

Quentin Sirjacq

揺れる心情風景を見事に描く、情緒豊かで研ぎ澄まされた美しい音楽

 

昨年の初単独来日ツアーも記憶に新しいフランス人作曲家・ピアニスト、Quentin Sirjacq(クエンティン・サージャック)による最新アルバムを発表します。
作曲家・ピアニストとして、2010年のデビュー作「La Chambre Claire」以降(日本盤は2011年発表)、様々なミュージシャンとのコラボレーションや楽曲制作、さらにはテレビや映画、ラジオ、ドキュメンタリーの音楽を数多く手掛けてきたQuentin Sirjacq(クエンティン・サージャック)。
本作は、2011年に日本盤として発表したデビュー作「La Chambre Claire」に続く彼の最新作であり、フランス映画「BRIGHT DAYS AHEAD(LES BEAUX JOURS)」(2014年日本公開予定)のサウンドトラック・アルバムです。
デビュー作の発表以降、自身も造詣の深いクラシックやジャズ、現代音楽のリスナー層から、ポストクラシカルやエレクトロニカに至るまで幅広いリスナー層を魅了してきたクエンティン・サージャック。
本作では、自身の諸作品で魅せるフランス印象派、クラシック、ジャズ、アメリカのミニマリズムなどの要素を融合した情緒豊かで研ぎ澄まされた美しい音楽のなかに、映画という新たな要素 = ストーリー性が加わり、より具体的に、彼の想い描く心象風景を感じることができる作品として仕上がっています。

 

BRIGHT DAYS AHEAD(原題:LES BEAUX JOURS
主演はセザール賞主演女優賞の受賞歴のあるファニーアルダン、監督は女性ならではの感性で作品をつくりあげるマリオン・ヴェルヌー。定年後の女性の生き方、在り方を恋愛を通して問いかけるヒューマンムービー。
誰にも訪れる第二の人生を、終焉までの時間と捉えるか、新しい日々の始まりと捉えるか、成熟した人間の揺れる心模様をクエンティン・サージャックの音楽が見事に描き上げています。

 

1 Bright days ahead closing
2 Airport
3 Hotel
4 Seesaw
5 Beachfront
6 Bright days ahead opening
7 Hide-and-seek
8 Going to Julien
9 Staircase
10 Into the lift
11 Soliloquy
12 Run away
13 With the wind
14 Caroline
15 The jetty
16 Swimming and laughing bonus track

Catalogue No.

SCH-031

 

JAN code

4571256410319

Date

August 29, 2013

Tags
Quentin Sirjacq