SCHOLE INC. | wintersong
25981
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-25981,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.8.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.3,vc_responsive

wintersong

dakota suite & quentin sirjacq

往年のダコタ・スイートの名曲を、クエンティン・サージャックのピアノ伴奏で。
静寂と共に降りてきた冴えた空気に紡がれ、そっと灯される、愛しい人へ捧ぐ冬の歌。

dakota suite & quentin sirjacq (ダコタ・スイート & クエンティン・サージャック) の新作「wintersong」をリリースします。 本作は、2015年にSCHOLEが主催した dakota suite & quentin sirjacq の日本ツアー来日中に録音された作品となっております。雪が時折ちらつき、春を待つ3月上旬、ツアーは開催されました。 dakota suite (クリス・フーソン)のまるで命を削るかの様に絞り出され、今にも静寂の中へ消えてしまいそうな歌声と、クエンティン・サージャックの楽曲の世界観を十二分に引き出す美しいピアノによって、往年の dakota suite の名曲が演奏されました。 楽曲に気持ちが入り込むあまり、歌えなくなりそうなクリス・フーソンをクエンティン・サージャックの見事なピアノバッキングが支え、導いていきます。歌とピアノという、とても潔く、シンプルな構成となっているため、dakota suiteの世界観、そしてクエンティン・サージャックのピアノアレンジの上手さが際立ちます。 アルバムタイトル楽曲でもある「wintersong」は dakota suite 活動初期にあたる1998年の発表となっており、それ以降、アルバムごとに不定形編成で活動してきましたが、その中でも一貫して描かれ続けた妻への愛や悲壮美は、録音会場に張り詰めた空気感をもたらし、一音、一音、そして静寂までも慈しむように向き合う純粋なその演奏は、これまで同様に唯一無二の美しさを感じさせてくれます。
*初回盤にはツアーの様子を収めた特製ブックレットが付いています。

01. be my love
02. close enough to tears
03. all that I can hold near
04. this is my way of saying that I am sorry
05. wintersong
06. how safe we must seem
07. the lepers companion
08. a comfortable lie
09. last flare from a desperate shipwreck
10. in the stillness of this night
11. to make you whole again

Catalogue No.

SCH-048

JAN code

4571256410487

Date

October 31, 2016

Tags
dakota suite, Quentin Sirjacq